青い閃光のような、波と光のインスタレーション

白く砕ける波をゆっくり見る。そんな時間を持つことはありますか?波は刻一刻と変化をし続け、2度とない無限の表情を見せてくれます。この豊かな波の姿を、一筋の光として浮かび上がらせ向き合うプロジェクトそれが「NIGHT WAVE」光の波プロジェクトです。

The harmony with the light to the wave changing a moment leads to the dreamy world and keeps memorable for ever.
It will move you away from the daily life and go into ourselves on movement of beautiful wave.
The wave has various of features, depending on the place and time.
We are willing to think newly about the value of the relax time to face each other calmly in nature though luminous wave that is eternal movement.

葉山 NIGHT WAVE

2016.7.25 (月)〜27(水)
神奈川県三浦郡葉山町 一色海岸
詳細

逗子 NIGHT WAVE

2016.8.8 (月)〜14(日)
神奈川県逗子市逗子海岸西浜
詳細
2016.10.8 (土)〜10(月祝)
神奈川県逗子市逗子海岸中央
詳細
2017.3.25 (土)〜26(日)
神奈川県逗子市逗子海岸中央

鎌倉 NIGHT WAVE

2016.11.21 (月)〜23(水祝)
神奈川県鎌倉市由比ヶ浜海岸
詳細

新しい夜の海岸の情景、文化を築く

海岸における景観のピークは日没時の夕景です。その後の夜間イベントとしてはイルミネーションや花火などが挙げられますが、ここに新たな夕方~夜の海岸景観をこのNIGHT WAVEはもたらします。花火やイルミネーションのように派手な演出ではなく、自然を利用しながらもダイナミックで、大人な楽しみ方ができるものです。飽きることない美しい波の光は、地域の「海」や「波」という自然の資源を活用した「メディアアート」なのです。

New scene on night beach

Generally, the entertainment on beach is activated by the evening time with sunset. As the event of night beach, we can see fireworks or the lights illumination. However NIGHT WAVE will be something new to people as the night beach event. It is not showy like fireworks or lights illumination, but it also bring deeply mature time with dynamic view in nature. NIGHT WAVE that is insatiable by beautiful light line on night wave will invite and catch people’s hart with creating vivid memory. Therefore it will make a contribution to the commercial field such as food and drink service for beachside in the evening. Moreover it will be new through a big visual impact with film and photograph(media) as it have no production in the world .

message

石多 未知行

総合演出・プロデュース

私は神奈川県の逗子市にある海岸エリアに住んでいます。日常の傍にある地元のビーチをとても気に入り大事に考えていました。私自身は仕事としてクリエイターの端くれであり、アートイベントなどをてがけながらも、海岸へのアプローチはこれまでにありませんでした。昨年2015年にこの挑戦の機会を頂き、すばらしいクリエイターのアイデアや様々な表現技術を海へぶつけるというのは、とても刺激的で大きなチャレンジになりました。照明デザイナーや機材技術者、クリエイター、そして地元の方々などの協力の元にプロジェクトを進め、地域の財産である「波」を見事に光として可視化することに成功しました。

実施では多くの方が訪れ、感動のコメントも多く寄せられ、さらにTwitterやFacebookでも数多くの画像投稿や反響が見られました。そして本年は逗子市から葉山町、鎌倉市へと波及することになりました。

今後技術や演出面でもさらに磨きをかけ、多くの人へ感動の情景を届けたいと思います。この多くの人の力と想いが詰まった「NIGHT WAVE」の時間を、海や自然を愛する皆様と共に過ごせましたら幸いです。

(一財)プロジェクションマッピング協会 代表理事
メディアーツ逗子 総合プロデューサー
東京芸術大学 非常勤講師
石多 未知行

矢野 大輔

照明デザイナー

“砕ける白波の可視化”。 闇に紛れ静かにやってくる波が砕けるとき、気持ちのよい音とともに白波が現れます。常に形を変えるその波を、心地よく照らし出したい。もちろん人工光によるライトアップですが、常に移ろう自然光のように、一定ではない光の効果を生み出すことができます。

この生まれては消える儚さを、忙しい日常を忘れ浜辺でグラスを傾けながら、家族や恋人、友達と感じとって欲しい。地元の大切な浜辺をもっと愛して欲しい。そんな想いを込めた逗子海岸でのNight Waveが完成しました。

Tokyo Lighting Design 代表
矢野 大輔

池田 貴裕

特殊照明機材

当社は光技術を融合した製品の提供を通じて、人と社会のネットワークを融合し、地球の未来を拓くことを企業理念としています。当社が保有する光技術は、必要な個所に必要な量の光を届けることができるために、僅かな電力でありながら視認性は高く、不必要な光を周囲に漏らさずに光害を最小限に抑えます。昨年実施した「NIGHT WAVE~光の波プロジェクト~」は、海岸に押し寄せる波のみをライトアップする世界で初めての試みでした。逗子海岸を知り尽くした方々の発想、綿密に計画された照明デザイン、当社が専用に開発した特殊照明器具が融合し、今までに見たことがない幻想的なライトアップが実現しました。逗子海岸で育った方にも、訪れたことがない方にも、新しい光景は感動を与えます。「NIGHT WAVE」が人と人をつなぐ空間になり、新しい価値観を共有することにより、老若男女・人種を問わず、心が一つになる。そのようなプロジェクトに発展することが私の夢です。今後、全国各地で地元を愛する人々が、その土地の持つ魅力をアピールし、「まち・ひと・しごと」を活性化させる地方創生プロジェクトが始まります。我々は光技術と観光資源を融合した新しい光景を共有することにより、世の中に新しい価値観を提供し、独自の地方創生を実現します。

パイフォトニクス株式会社 代表取締役
池田 貴裕
企画制作
メディアーツ
照明デザイン
Tokyo Lighting Design
機構デザイン
株式会社テレキャスト (峯水延浩)
機構調整プログラム
Vitte (平野佑樹、吉岡純希)
イメージ音楽
’Deep Breath’ composed by KENKOU
協力
一般財団法人プロジェクションマッピング協会
お問合せ
info@night-wave.com